The USB/IP Project

Linuxをホストにして、USBデバイスをIPネットワークで延長して、クライアントからUSBデバイスをしようする

The USB/IP Project オープンソースで提供。ホストはLinux。クライアントにはWindowsもあるが、10での使用にはBlue Screenの症状がでるようなので、非推奨。

ubuntuだと、apt-get install linux-tools-generic でインストールができ、特に設定無しで、デバイスまで見る事ができた。今後検証してみたい。

製品だと、

net.USB IOデータのnet.USB規格が導入しやすい。Windowsのみだと思う。機器単体は数千円。ルーターにこの機能が搭載されている場合がある。

USB over Network 日本語サポートが期待できるが、「初期導入費用概算:480万円」と言う金額帯

Share USB port over Network on Linux  1ポートで$159.95。windows,mac,linuxがある。クライアントにAndroidがあるようだ。

 

Asteriskで携帯電話の発着信とSMS送受信を可能にする

Asteriskに携帯電話の機能を追加する方法をまとめます。

これにより、携帯電話の発着信及び通話。SMSの送受信が可能になる。

必要な物

物理サーバー

  • centosやubuntu。LTSが好ましい
  • CentOS 5等、古いカーネル(i.e. 2.6.18)は音質が悪いという報告があるようだ。
  • ドングルはUSB接続をするため、VPSではなく、物理サーバーが必要である。
  • 私は、(2018/07/15時点で)Ubuntu 16.04.4 LTS(期限は2021年4月)を使用している。なお、2018年4月にUbuntu 18.04 LTSがリリースされている(サポート期限は2023年4月)

ドングル

  • いわゆる、USBのデータ通信モデム。VOICE対応機種である必要がある。利用可能な型式は限定されている。こちらにリストがあります。
  • 技適については各自調べる必要がある。法律なので、解釈により利用可能な物、利用不可なものがあるはずである。

通話対応のSIM

  • 採用できるドングルは、SIMフリー(ロック解除)されているものであるので、キャリアは問わない。
  • 日本国内で使用する場合は、UMTS(日本ではW-CDMAと呼ばれる)の2.1GHzに対応しているドコモかソフトバンクを使用する。cdma2000を採用しているAUは利用できない。なおこれらの条件はドングルの対応周波数によるものである。

chan_dongle

  • ドングルをAsteriskで利用するためのモジュール。
  • 公式サイトは、http://wiki.e1550.mobi/ ただし、過去に消えたことがあるので、注意。
  • 私がまとめた記事。ただし2015年のものである。
  • オリジナルは、asterisk 1.6 and 1.8に対応。
  • クローンとパッチで、13まで対応している。
  • プライベート的には、14まで対応している。(多分そんな感じで英語で書かれている)

Asterisk

  • chan_dongleの対応バージョンに合わせて、Asteriskのバージョンを選定し導入する。
  • LTSであるAsterisk 11は、2017-10-25にEOLとなっている。
  • 次のLTSは、Asterisk 13であり、2021-10-24にEOLとなる。
  • その次のLTSは、Asterisk 16である。2018-10-17にリリース予定。こちらのEOLは2023-10-11。
  • これからの導入は、Asterisk 13がお勧めとなるので、早く動作確認をしたいところである
  • 私自身では、Asterisk 11で動作をさせている。

 

具体的な導入方法は、検索するとたくさんできてきますし、私の記事にも(古いが)あります。

asteriskのsecurityログをlogrotateする

fail2banの設定をしていたら、securityログが肥大化していた。
15G・・・(汗)
定期的にファイルを分割しておいた方が良いし、圧縮や削除なども検討する。

まず、対象のログファイルの位置は

/var/log/asterisk/security

ここには、messegeなどのログもあるが、容量が小さいのでそのままにしておく。

そして、logrotateの設定ファイルは、

/etc/logrotate.conf

だが、このファイルの中で、

include /etc/logrotate.d

という記述がされているので、このフォルダの中にasterisk用の設定を書くことができる。そうすることで、asteriskのlogrotateを実施テストも容易だ。

編集するファイルは、

/etc/logrotate.d/asterisk

通常はファイルが無いので新規作成することになる。

/var/log/asterisk/security /var/log/asterisk/cdr-csv/Master.csv /var/log/asterisk/messages {
weekly
missingok
dateext
dateformat _%Y%m%d

sharedscripts
postrotate
/usr/sbin/asterisk -rx ‘logger reload’ > /dev/null 2> /dev/null
endscript
}

テストをしてみる。

/usr/sbin/logrotate -d /etc/logrotate.d/asterisk

と -d を付ける事で、ファイルの生成はしない。テストをする。

参考

https://qiita.com/zom/items/c72c7bac63462225971b

http://linux.kororo.jp/cont/server/logrotate.php

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/747logrotatecmd.html

ESXiでWindowsゲストをクローンする時

今のところ、仮想ハードディスクをクローンする方法しかしりませんが。

Windowsの入っているハードディスクの容量を少なくすると、クローンをする時間が短くなるのかと思っています。(記事を書き終えてから思うと、事前準備をしている時間を考えると、さっさとクローンを実施した方が早いのかなと思ってしまう。) 続きを読む

TeraCLOUDは15GBが無料で使用できる

TeraCLOUDは15GBが無料で使用できる

最近、クラウドストレージサービスを調べている。
きょうは日本企業のTeraCLOUDというサービスを調べた、JUSTPLAYERという日本企業が提供している。

TeraCLOUDは10GB無料で、招待コードを使用すると5GBが追加され、計15GBが利用できるクラウドストレージサービスである。日本の企業が提供している。専用アプリは弱いが、WebDAVに対応しているので、お好きなのをどうぞという感じ。 続きを読む

IntelのNICを調べてみた

linuxなら対応するNICは多いのですが、ESXiではオンボードのNICは認識しないことが多い。

そうなると、対応するNICは何かと調べると、Intelがお勧めされることが多い。

IntelのNICも古いものから新しいもの、Desktop向けサーバー向けとまた様々ある。

PT 2007年頃

CT 2009年頃