ntpサーバーの設定

・ntpサーバーの設定
クライアントからntpを利用する場合は通常1つのntpサーバーに対してチェックを行うが、これでは誤差が大きい。
LAN内のPCが増えてきたら、内部にntpサーバーをたてましょう。

・マシン
今回利用するマシンは、PC9821の初期型 CPU386の骨董品です。
FreeBSD 2.2.8(98) Rev3。FreeBSD3.xだとやっぱり目に見えて遅いです。
ntpサーバーは設定したらほっとくので、遅くてもいいかなぁって感じです。
ちなみにセカンダリのDNSも動いています。(というか、いまのところこの二つだけ)

・設定ファイルは
/etc/rc.conf
/etc/ntp.conf (新たに作る)
/etc/ntp.drift (新たに作る)
です。

・/etc/rc.conf
——————–
### Network Time Services options: ###
ntpdate_enable=”YES”
ntpdate_program=”ntpdate”
ntpdate_flags=”clock.tl.fukuoka-u.ac.jp”
xntpd_enable=”YES”
xntpd_program=”xntpd”
xntpd_flags=”-p /var/run/xntpd.pid”
——————–
この程度の設定で良いかと思います。

・/etc/ntp.conf 
——————–
server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server clock.tl.fukuoka-u.ac.jp
server
driftfile /etc/ntp.drift
——————–
serverのところは、上位プロバイダや知っているところをどんどん追加しましょう。
精度が高くなります。(もちろん信頼しているところでしょう。)

・/etc/ntp.drift 
空のファイルを作るだけでいいです。
# cat /dev/null > /etc/ntp.drift

・xntpを再起動
rc.confを修正してから再起動していなければ再起動。
すでにxntpが起動しているようなら
# kill -HUP `cat /var/run/xntpd.pid`

・動作確認

--------------------
# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset    disp
==============================================================================
-clock.nc.fukuok .GPS.            1 u   70 1024  377   127.33   13.112    9.03
+clock.tl.fukuok .GPS.            1 u   38   64  377   100.36   -0.573    4.36
--------------------

こんな感じに表示できれば大丈夫でしょう。

・クライアントの設定
Windowsだと私はこれがお気に入りです。
http://www.ca.sakura.ne.jp/~take/software/index.html#ExTime

FreeBSDではrc.confで設定します。
——————–
ntpdate_enable=”YES”            # Run the ntpdate to sync time (or NO).
ntpdate_flags=”-s -b 192.168.1.4″ # Flags to ntpdate (if enabled).
xntpd_enable=”YES”              # Run xntpd Network Time Protocol (or NO).
xntpd_flags=””                  # Flags to xntpd (if enabled).
—————-

— /etc/ntp.conf の設定 —
server          192.168.1.4
driftfile       /etc/ntp.drift
—————-

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です