bind9のインストールに必要なコマンドのメモ

■OpenSSLのバージョンチェック

openssl version

バージョンが古いと警告がでるから、一応確認

■コンパイル

./configure –with-openssl=/usr/local –prefix=/usr/local –sysconfdir=/etc/namedb –disable-ipv6

opensslの場所を教えてあげる。

■鍵を生成する

/usr/local/sbin/dnssec-keygen -a HMAC-MD5 -b 512 -r /dev/urandom -n HOST ドメイン名

■テストで起動

/usr/local/sbin/named -u bind -c /etc/namedb/named.conf -g

■普通に起動

/usr/local/sbin/named -u bind -c /etc/namedb/named.conf

■起動プロセスの確認

ps -ax | grep named

重複起動させて、動作しない・・・。と、時々騒ぐから、確認を。

 

http://masaharu.mutsuyoshi.net/solaris/bind9.html

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:WEAnsjVbSL4J:blogcatch22.blogspot.com/2009/08/bind9.html+bind9+configure&cd=11&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a&source=www.google.co.jp

http://www.bsddiary.net/doc/bind9.html

http://sawano.members.icraft.jp/wp/2008/07/31/510.html

 

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です