Nexus 4にUbuntu Touchをインストール

Nexusの端末がUbuntu Touchに対応しているようで、インストールをしてみました。

Ubuntu Touchは、元々Canonical Ltd.が開発していましたが、2017年からはUBports Communityが開発・保守をしています。開発が終了したと思っていましたが、コミュニティーでの運営になっているんですね。

https://qiita.com/somainit/items/a61941acd4e575f1aee7
こちらの方はUbuntuからインストールをしていたので、それに習ってUbuntuをVMwareにインストールをして、ubportsからダウンロードしようとしたら、Windows版があったので、Windowsからインストールすることにしました。

https://ubports.com/
対応デバイス一覧

ダウンロードは、https://ubuntu-touch.io/get-ut から。
Ubuntu、他Linux、Windows、MAC OSX、様々なOSからインストールすることができる。

PC側のインストール画面
インストール完了。日本語も選べます
Wi-Fiなど設定が完了し、最初の画面
SIMを入れてみます

日本のSIMが近くに無かったので、OneSimCard(372から始まるエストニアの番号だけど)。

ここから、Ubuntu Touchで直接スクリーンショットです。やり方を調べました。
音量大・小、同時、長押し。

SoftBankでroamingされました。最初、Docomoが認識して不通でしたが、放置しておいたら、正しくSoftBankが認識されました。roamingなので、時間がかかるのでしょう。

ブラステルから発信して、問題なく着信出来ました。
発信はチャージをしていないでの、出来ません。

当たり前ですが、日本語入力も検索も普通に表示されます。

OneSIMは、SIM宛には無料で送信することができます。HPやEmailからも送信できる。
しかし、返信はやはりチャージをしていないので、エラーです。

まとめ

とりあえず、今時のAndroidのようにごじゃごじゃアプリケーションが入っていないので、電池の持ちに期待するところです。

その後追記

1週間から10日くらいは待ち受けできていました。
バッテリーは交換していない、消耗状態だと思うので、持つ方だと思います

mk
  • mk

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

No Trackbacks.