at commandで音声SIMを操作してみる

自番号が登録されていなくて、Unknownになっている音声SIMが手元にある。

なにやら、ATコマンドで登録出来そうなので、試して見る。

https://github.com/jstasiak/asterisk-chan-dongle/blob/master/etc/extensions.conf
の部分、

; Subscriber Number example see output of cli ‘dongle show devices’ column “Number”
; may be empty, use for save in SIM commands AT+CPBS=”ON” and AT+CPBW=1,”+123456789″,145

とあるが、その通りしてもエラーになる。

asteriskのcliから行っていたけど、本格にATコマンドで操作してみることにする。

ATコマンドは、ターミナルソフトというもので行う。今回はcuを使う。

対象のサーバーはubuntu。自分にしては珍しい。

cuのコマンドを打つと

プログラム ‘cu’ はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
apt install cu

なんて、優しく教えてくれるので、その通りにインストール。教えてくれないと、yum install cuとかやっているところだった。

cuを実際に使う前にも下準備が必要で、ここを参考にした。

ttyUSB0等のデバイスのパーミッションが
crw-rw— 1 root dialout 188, 0  2月 10 22:05 /dev/ttyUSB0
の様になっているので、
chmod 666 /dev/ttyUSB0
としないと、だめらしい。

cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0
でターミナルに入れる。

自分の入力したコマンドが表示されないので、とりあえずatzをする。
ローカルエコーするコマンドがあるはずだけど、覚えていない。
追記ateでした。

終了は~.

さて、まずは正常なSIMで行ってみた。自局番号を表示するコマンドを探しまくったけど。

AT+CNUM
+CNUM: “”,”070146****”,129
OK
な感じで自分の番号が表示される。

問題のSIMで行ってみる。
AT+CNUM
OK
と、なにも表示されずにOKが返される。

そこで、事前に調べていたコマンドを実行してみる。

AT+CPBS=”ON”
AT+CPBW=1,”+818047560000″,145

しかし、errorがでる。

http://radekp.github.io/qtmoko/api/modememulator-phonebook.html
を見て、もう少し理解をしてみる。

CPBSは、電話帳の編集を有効にする。SIM自身にも電話帳を保存できる機能がある。

CPBWで、電話帳に書き込みをする。=1で一番目のリストを編集。

“+818047560000″は電話番号。+81と国際番号が付いている点は意味ありげ。

145は「string type, phone number of format <type>; default 145 when dialling string includes “+”, otherwise 129」とある。たぶん145は+を付けた国際番号で。それ以外は129と言うことであるかな。
日本で使うので、普通に”08047560000″で載せたいなら、129を指定するのかな。

CPU比較

どのくらいの性能差があるか、調べてみた。
CPUの種類が違うから厳密じゃ無いと思うけど、まぁ、だいたい分かれば良い。

Raspberry Pi 1 Model B

CPU ARM1176JZF-S
CPU Speed 700 MHz
https://www.raspberrypi.org/products/raspberry-pi-2-model-b/

Buffalo WZR-HP-G300NH

CPU     Atheros AR9132 rev 2
CPU Speed     400 MHz
http://www.dd-wrt.com/wiki/index.php/Buffalo_WZR-HP-G300NH

Nexx WT3020

CPU
CPU Speed: 580MHz
https://wiki.openwrt.org/toh/nexx/wt3020

Asterisk13のインストール

Asterisk13のインストール

インストールメモを残していなかったので、改めて書いてみる。

ダウンロードは、
http://www.asterisk.org/downloadsから行う。

ダウンロード先は、
http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/asterisk-13-current.tar.gz
となっているが、実際に展開すると
asterisk-13.7.0 など、最新のものがダウンロード出来る。 続きを読む

SoftEther VPNでのスループット比較

SoftEther VPNでのスループット比較

私は、SoftEther VPNを高頻度で使用してます。
喫茶店などの公衆無線LANから社内LANに入ったり。銀行取引をしたりなど。
セキュアなネット回線を確保するのに、便利です。

ノマドとか、オープンオフィスとか、バーチャルオフィスとか、いろいろと流行っているみたいですが、おそらくそういう方々は、何らかの形で、VPNを使用していると思います。(使用していないというなら、それは企業として問題ありと思われる)

あとは、VoIPを規制している公衆無線LANでも規制を回避したり。
そもそも、日本へのアクセスを規制している某国からも、可能にしたり。

VPNにはいろいろありますが、このSoftEther VPNは非常に強力で、httpsさえ利用できるネットワークなら、なんだって出来るというものです。

SoftEther VPNのサーバーはLinuxでも動きますので、Rasberry Piにも入れています。そして現在試験用にIntelベースPCのUbuntu ServerにもSoftEther VPN Serverを入れています。

IntelベースPCとは実際は普通のNEC製のPCサーバーです。スペックはCore2Duoなので、単独サーバーとしては高スペックかなという状況。Rasberry Piで行えていた事をCore2Duoにしたので。

前置きは良いとして、今回の目的は、SoftEther VPN ServerをRasberry PiとCore2Duoで速度は変わるのかを調査しました。
ついでに、さくらインターネットのVPSサーバーにもSoftEther VPN Serverを設置してみたのでその比較を合わせると、4種類のスループット調査となります。 続きを読む

YAMAHAのルータのVPN設定

YAMAHAのルータのVPN設定が分かんない。
拠点間のVPNはちゃんと動かせているのだけど、WindowsPCからのVPN接続がうまくいかない。
しかも、拠点Aへの接続は出来るけど、拠点Bに接続が出来ない。
もぉぉ。誰に相談すればいいんだよー。
ちなみに、古いルーターだから、YAMAHAのサポートは切れているのだ。

A-B間は繋がっているから、Bに行くのに、Aに繋いでBに行っているのだ。
回りくどい。

最近のNTTのひかり電話のHGWに、VPNサーバー機能が付いていて、わーい。と思っていたけど。
んー、おまけ程度だね。知らないうちに接続が切れていることが多くて。

だから、最近は速度は遅いけど古いYamahaのルーターのゲートウェイを追加して、使っている。
どうでもいい通信は、通信速度の速いNTTのルーター。速度は遅くても重要なのはYamahaのルーターって感じで。
ちなみに、プロバイダによっては二重ログインが可能だから、2セッション目を使っている。でも二重ログインを使う場合は、プロバイダによっては制裁金を科す、ヤクザまがいのところもあるから、カスタマーにちゃんと確認した方がいい。

ntpサーバーの設定

・ntpサーバーの設定
クライアントからntpを利用する場合は通常1つのntpサーバーに対してチェックを行うが、これでは誤差が大きい。
LAN内のPCが増えてきたら、内部にntpサーバーをたてましょう。

・マシン
今回利用するマシンは、PC9821の初期型 CPU386の骨董品です。
FreeBSD 2.2.8(98) Rev3。FreeBSD3.xだとやっぱり目に見えて遅いです。
ntpサーバーは設定したらほっとくので、遅くてもいいかなぁって感じです。
ちなみにセカンダリのDNSも動いています。(というか、いまのところこの二つだけ)

・設定ファイルは
/etc/rc.conf
/etc/ntp.conf (新たに作る)
/etc/ntp.drift (新たに作る)
です。

・/etc/rc.conf
——————–
### Network Time Services options: ###
ntpdate_enable=”YES”
ntpdate_program=”ntpdate”
ntpdate_flags=”clock.tl.fukuoka-u.ac.jp”
xntpd_enable=”YES”
xntpd_program=”xntpd”
xntpd_flags=”-p /var/run/xntpd.pid”
——————–
この程度の設定で良いかと思います。

・/etc/ntp.conf 
——————–
server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server clock.tl.fukuoka-u.ac.jp
server
driftfile /etc/ntp.drift
——————–
serverのところは、上位プロバイダや知っているところをどんどん追加しましょう。
精度が高くなります。(もちろん信頼しているところでしょう。)

・/etc/ntp.drift 
空のファイルを作るだけでいいです。
# cat /dev/null > /etc/ntp.drift

・xntpを再起動
rc.confを修正してから再起動していなければ再起動。
すでにxntpが起動しているようなら
# kill -HUP `cat /var/run/xntpd.pid`

・動作確認

--------------------
# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset    disp
==============================================================================
-clock.nc.fukuok .GPS.            1 u   70 1024  377   127.33   13.112    9.03
+clock.tl.fukuok .GPS.            1 u   38   64  377   100.36   -0.573    4.36
--------------------

こんな感じに表示できれば大丈夫でしょう。

・クライアントの設定
Windowsだと私はこれがお気に入りです。
http://www.ca.sakura.ne.jp/~take/software/index.html#ExTime

FreeBSDではrc.confで設定します。
——————–
ntpdate_enable=”YES”            # Run the ntpdate to sync time (or NO).
ntpdate_flags=”-s -b 192.168.1.4″ # Flags to ntpdate (if enabled).
xntpd_enable=”YES”              # Run xntpd Network Time Protocol (or NO).
xntpd_flags=””                  # Flags to xntpd (if enabled).
—————-

— /etc/ntp.conf の設定 —
server          192.168.1.4
driftfile       /etc/ntp.drift
—————-