音声ファイルの加工

しばらく放置していた、音声ファイルの加工をしている。
以前途中まで進めていたが、声優さんから中音と高音のファイルをもらっていたのですが、なぜか高音で収録したファイルを加工していた。あとで聞き比べたら、中音の方がビジネス用に向いていた。
何の音声化は、完成したら公開するので、とりあえず、本日のメモを進める。 続きを読む

英語版、ロシア語版のホームページを作りました。嘘ですけど。

英語版、ロシア語版のホームページを作りました。嘘ですけど。

WS000012
それっぽいでしょ。

Asteriskの情報を調べていると、なぜかロシア語が結構ある。

と言う事で、海の向こうから見に来た方に、エセ英語、エセロシア語。その他、もろもろな言語に対応するプラグイン、GTranslateをインストールしてみた。

本当は、言語切り替えは、ページの上の方に置いた方が良いと思うのですが、標準ではウィジェットで設置するようです。

とりあえず。

WordPressにいろいろなコメント欄をつける

WordPressにいろいろなコメント欄をつける

WordPressは楽だな。今更だけど。
今回は、コメント欄をフェイスブック対応にしてみました。
ついでに、Google+の対応も。あと、WordPressの標準のコメント欄もそのまま残して。

プラグイン:Comments Evolved

検索、インストール、有効化を進めて行くと、もう設置完了。

しかし、アレ?となる。 続きを読む

XPサポート終了後のセキュリティーソフト各社の対応

マイクロソフトのXPのサポートが切れる、2014年4月10日以降の対応状況をセキュリティー対策メーカー各社のホームページや、電話取材をしました。

メーカーによって、サポートを打ち切ると明言しているところや、保証外だが使える、未定、ずっとサポートをする。など、対応は様々です。

続きを読む

Firefoxのタブを全部閉じても、終了しない

最近のFirefoxは重たくて、終了・起動が時間がかかる。

しかも、Ctrl+wでタブを終了していって、全部タブを終了してしまうと、Firefoxは終了してしまう。

あれ?っと思って、調べたら、Firefox 3.5からそうなったようだ。

  about:config をアドレスバーに入力
    ↓
  browser.tabs.closeWindowWithLastTab を検索
    ↓
  値を false にする
    ↓
  このタブを閉じる

これで、タブを全部閉じても、Firefoxは終了しないようになります。

 

 

Firefoxを3.5にバージョンアップしたら、Ctr+wでブラウザを閉じるようになった – しょうたろー日記

http://d.hatena.ne.jp/sho_ishi/20090701/1246460177#tb

perlでsmtpサーバーに接続して送信

何年かぶりに、Perlからメール送信のプログラムを作ってる。

今まではsendmailコマンドをたたいてたけど、昨今の状況だと、適当なサーバーからのsendmailは迷惑メールとして扱われる。

ということで、「差し出し元のEmailアドレス正規のsmtpサーバー」に接続してメール送信を行うことにします。smtp authやらサブミッションポートやらがあるので、
Net::SMTP
を使用。

Authen::SASL
も忘れずにインストール。これが無くてもエラーは出ないが、動作しない。(オイ!)
これで、はまる人多い。(auth – World Wide Walker)

送信ポートの指定も、はまる所のようだ。(G-chan Square – [perl] Net::SMTPでメールを送ろう
本家のドキュメントには書いてないが、実際はポートの指定が出来るようだ。
普通はSMTPサーバーのポートは25番なのですが、CGIの設置はホスティングサーバーを使用して送信する事になると思うので、たいていは25番は不可(OP25B)。
サブミッションポートの587番を指定する。で、サブミッションポートを使うときは、SMTP認証が必須って所も多い。(詳しくは、Emailアドレスの提供元へ。ISPとかGoogleとか・・・。)

 

#!/usr/bin/perl
use Net::SMTP;
my $mailhost = 'smtp.exmple.jp'; # SMTP用のサーバー名
my $mailport = 587; # SMTP用のポート番号。25番のことも多い。
my $mail_username = 'exmple-user'; # メールアカウント
my $mail_password = 'exmple-pass'; # メールのパスワード
my $from_mail = 'from@exmple.jp'; # 送信元のメールアドレス
my $to_mail = 'sendto@exmple.jp'; # 宛先のメールアドレス
my $subject = 'test soushin';
my $message = 'body test mail';
my $header;
$header = "From: $from_mail\n";
$header .= "To: $to_mail\n";
$header .= "Subject: $subject\n";
$header .= "MIME-Version: 1.0"."\n";
$header .= "Content-type: text/plain; charset=ISO-2022-JP"."\n";
$header .= "Content-Transfer-Encoding: 7bit"."\n";
my $smtp = Net::SMTP->new($mailhost, Port => $mailport);
$smtp->auth($mail_username, $mail_password);
$smtp->mail($from_mail);
$smtp->to($to_mail);
$smtp->data();
$smtp->datasend($header);
$smtp->datasend("\n");
$smtp->datasend($message);
$smtp->quit;

/var/spool/mqueueの古いキューを削除

古いキューの削除
find /var/spool/mqueue -type f -a -mtime +30 -print0 | xargs -0 rm -f

外部配送用の起動
sendmail -L sm-mta -bd -q30m

内部配送用の起動
sendmail -L sm-msp-queue -Ac -q30m

 

-bd
Background Daemonで起動します。
-q30m
キューを処理する時間(滞留メールを処理するタイムアウト時間)を指定します。

USB メモリのセキュリティ対策を意識していますか?from IPA

コンピュータウィルスに対する対策としては、「ウィルス対策ソフトを入れておけばいい」。
これは間違いです。

まずは、Microsoft Updateを実行し、Windowsの脆弱性(欠陥や不具合)を取り除く必要があります。
それ以外にも、弱点となり得る部分を取り除く必要があります。これはMicrosoft Update以外は、手動で行う必要があります。
先日、お客様で社内のパソコンのほぼ全てがウィルス感染し、その駆除でお伺いしました。 続きを読む

ウェブを転送したい場合

<html>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=shift_jis”>
<META HTTP-EQUIV=”refresh” CONTENT=”0;URL=http://mame.habit.net/~mkplan/whois/”>
<title>転送</title>
</head>
<body>
<a href=”http://mame.habit.net/~mkplan/whois/”>
こちらをクリック</a>

</body>
</html>

基本的に赤字の指定で転送されるが、METAタグが無視される何らかのブラウザでも転送が分かるように青字も用意しておくと、親切。
しかし、どんなブラウザのためなのか、知らない。

(2002/4/7追加)

NEC PC-98のめも

(電源投入時) ESC + HELP + 9 ソフトウェアスイッチのリセット。
(電源投入時) GRPH + SHIFT BIOSの初期化。  BIOSを工場出荷時に戻します。
(電源投入時) CTRL + CAPS + カナ + GRPH CPUの動作クロックを表示する。(ゲタや233MHz以上のCPUは、正確に表示されません)
(電源投入時) ESC + HELP + 1 BIOSのREVISIONを表示する。
(電源投入時) GRPH + 2 640×400ドット時の水平走査線周波数を、31KHzにする。
(電源投入時) GRPH + 1 640×400ドット時の水平走査線周波数を、24KHzにする。
(電源投入時) ESC + HELP + 8 BIOSの書き換え。
(メモリカウント後) TAB HDD起動メニューを表示する。(2台以上のHDDが接続されている場合)
(電源投入時) HELP システムセットアップメニューの起動。
(電源投入時) HELP + RETURN システムセットアップメニューの起動。
(NECロゴ表示中) F・2  (PC98-NX) BIOSセットアップユーティリティの起動。
(NECロゴ表示中) F・9  (PC98-NX) BIOSの設定を工場出荷時に戻す。

2001/10/21追加