wget

ファイルをダウンロードするソフトです。
私は、Windowsユーザーなので、ホームページを調べたりして、FreeBSDの設定をしていきます。
ファイルのダウンロード先が、httpなどだと、FreeBSDでダウンロードが面倒というか、やり方を知りません。
そんなときに、このwgetというソフトを使うのです。
使い方は、非常にかんたんで、wget http://exsample.com/marumarufile.tar.gz
と指定すると今いるディレクトリにダウンロードできるのです。

まずダウンロードです。
ftp://gnjilux.cc.fer.hr/pub/unix/util/wget/
からダウンロードします。
FreeBSDでやる場合は、ftpコマンドでログインして行っています。

cd /usr/local/src/
ftp gnjilux.cc.fer.hr

userはftp
パスワードはメールアドレス
でログインします。

cd /pub/unix/util/wget/
get wget-1.9.1.tar.gz
とすると、ダウンロード開始です。
現在は、上記が最新版なのです。もしもっと新しいのがあったら、それに普通はするでしょう。

んで、ダウンロードが終わったら、FTPを終了しましょう。
bye

次は、ファイルを展開します。
tar xvfz wget-1.9.1.tar.gz
今いるところに展開されます。

場所を移りましょう。
cd wget-1.9.1

インストールの準備ですが、これが迷うところです。
../configure –prefix=/usr/local/wget/
とすると、関係ファイルはすべてそこにインストールされるのですが、パスを通さなきゃ行けないと思う。私は、パスの指定方法なんか知らん。もう何年もFreeBSDを使ってるのに情けない・・・。
いつも使うコマンド関係は、/usr/local/にインストールすることにします。
../configure –prefix=/usr/local/

コンパイルです。
さて、コンパイルってなにって聞かれても良く分かりません。
make
あとは、ちょっと待ちます。これが一番時間かかかるのかな?
ちょっとしたツールなのですが、案外時間がかかります。

インストール
make install

これで完了です。
wget
としてもコマンドが無いと言われます。
いったんログオフしないとダメみたいです。

使い方。
wget URL
とします。URLには、すべてのパスとファイル名まで含んだものを指定します。
ブラウザを見ながらするときは、
ダウンロードしてください
とかなんとか、書いているところの上で、右クリックして、 「ショートカットをコピー」としましょぅ。

おわり・・・。

■参考
http://www.geocities.jp/horiuchimasaru/wget.html
http://members.at.infoseek.co.jp/futora/wget153/option.html

新規作成:2005年5月14日 (土)
更新日: 2006年7月7日 (金)

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です