proftpd

proftpdのsjis版はこちら

makeでエラーがでてましたが、やっと解決しました。(2006/4/23) (2006/4/29 嘘でしたlibiconv版はまだ成功していません。)
>iconv.h: No such file or directory
と出ていたので、 configureで –with-includesを付けて教えてあげたことと、
makeではなく、gmakeを使用したという点です。(2006/4/29 gmakeじゃないといけないというわけではなかったようです。

(とりあえずここは、proftpd libiconv版のページにして、proftpd sjis編を別に用意することにします。)
以下作りかけです。参考にしないように。

■libiconvをインストール
sambaのところでやってます

■日本語変換のパッチを当てる

http://www.hakusan.tsg.ne.jp/tjkawa/software/misc/proftpd-iconv/index.jsp
からダウンロード

私は、
$ wget http://www.hakusan.tsg.ne.jp/tjkawa/software/misc/proftpd-iconv/pack/proftpd-1.2.10-iconv.patch.gz
としてダウンロードしました。

$ gzip -dc proftpd-1.2.10.tar.gz | tar xvf –
$ cd proftpd-1.2.10
$ gzip -dc ../proftpd-1.2.10-iconv.patch.gz | patch -p1
という感じで、パッチは完了。

■コンパイル。
(いつも書いてますが、私はパッケージとかパーツとかよく分からないのです。)

./configure –with-modules=mod_codeconv –prefix=/usr/local/proftpd –with-includes=/usr/local/include

ちなみに、最近知ったが、
./configure –with-modules=mod_codeconv –prefix=/usr/local/proftpd –with-includes=/usr/local/include& > 1.log
とかすると、便利そう。
私は、sshからつないで作業することが多いので、回線が切れても、処理が続いてくれる。
しかもログに残るので、異常が有っても調べられる。
ちなみに、上記で有っているか不明。これを書きながら、「やればいがったなぁ」(訛ってる)と思って、この文章を書いているのである。

■メイク
gmake

■インストール
gmake install

■メーリングリスト
日本語のメーリングリストが見つからないので、とりあえず作っておきました。今のところ会員登録はありません。
http://groups.google.co.jp/group/proftpd-jp

■参考URL
http://www.proftpd.org/
http://www.hakusan.tsg.ne.jp/tjkawa/software/misc/proftpd-iconv/index.jsp
http://circle.cc.hokudai.ac.jp/ryu/pukiwiki/index.php?%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A5%B5%A1%BC%A5%D0%A1%BC%BA%C6%B9%BD%C3%DB

新規作成:2006年03月26日
更新日: 2006年7月6日 (木)

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です