pidoraでメモリ不足

コンパイルしていると、

cc1: out of memory allocating 767448 bytes after a total of 5128192 bytes

という風にでて、失敗している。

pidoraは、標準ではスワップファイルが作成されていないようで、メモリが無くなると止まってしまう。
普段なら、メモリはそんなに使わないので、コンパイルをするときだけ、スワップファイルを使うようにすればいいかな。

方法は、簡単で、Fedoraの情報を探したら、ぴったりな記事が見つかった。

http://l-w-i.net/t/fedora/swap_001.txt

まぁ、この通りすればいい感じ。

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です