at commandで音声SIMを操作してみる

自番号が登録されていなくて、Unknownになっている音声SIMが手元にある。

なにやら、ATコマンドで登録出来そうなので、試して見る。

https://github.com/jstasiak/asterisk-chan-dongle/blob/master/etc/extensions.conf
の部分、

; Subscriber Number example see output of cli ‘dongle show devices’ column “Number”
; may be empty, use for save in SIM commands AT+CPBS=”ON” and AT+CPBW=1,”+123456789″,145

とあるが、その通りしてもエラーになる。

asteriskのcliから行っていたけど、本格にATコマンドで操作してみることにする。

ATコマンドは、ターミナルソフトというもので行う。今回はcuを使う。

対象のサーバーはubuntu。自分にしては珍しい。

cuのコマンドを打つと

プログラム ‘cu’ はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
apt install cu

なんて、優しく教えてくれるので、その通りにインストール。教えてくれないと、yum install cuとかやっているところだった。

cuを実際に使う前にも下準備が必要で、ここを参考にした。

ttyUSB0等のデバイスのパーミッションが
crw-rw— 1 root dialout 188, 0  2月 10 22:05 /dev/ttyUSB0
の様になっているので、
chmod 666 /dev/ttyUSB0
としないと、だめらしい。

cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0
でターミナルに入れる。

自分の入力したコマンドが表示されないので、とりあえずatzをする。
ローカルエコーするコマンドがあるはずだけど、覚えていない。
追記ateでした。

終了は~.

さて、まずは正常なSIMで行ってみた。自局番号を表示するコマンドを探しまくったけど。

AT+CNUM
+CNUM: “”,”070146****”,129
OK
な感じで自分の番号が表示される。

問題のSIMで行ってみる。
AT+CNUM
OK
と、なにも表示されずにOKが返される。

そこで、事前に調べていたコマンドを実行してみる。

AT+CPBS=”ON”
AT+CPBW=1,”+818047560000″,145

しかし、errorがでる。

http://radekp.github.io/qtmoko/api/modememulator-phonebook.html
を見て、もう少し理解をしてみる。

CPBSは、電話帳の編集を有効にする。SIM自身にも電話帳を保存できる機能がある。

CPBWで、電話帳に書き込みをする。=1で一番目のリストを編集。

“+818047560000″は電話番号。+81と国際番号が付いている点は意味ありげ。

145は「string type, phone number of format <type>; default 145 when dialling string includes “+”, otherwise 129」とある。たぶん145は+を付けた国際番号で。それ以外は129と言うことであるかな。
日本で使うので、普通に”08047560000″で載せたいなら、129を指定するのかな。

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です