at commandで音声SIMを操作してみる

自番号が登録されていなくて、Unknownになっている音声SIMが手元にある。

なにやら、ATコマンドで登録出来そうなので、試して見る。

https://github.com/jstasiak/asterisk-chan-dongle/blob/master/etc/extensions.conf
の部分、

; Subscriber Number example see output of cli ‘dongle show devices’ column “Number”
; may be empty, use for save in SIM commands AT+CPBS=”ON” and AT+CPBW=1,”+123456789″,145

とあるが、その通りしてもエラーになる。

asteriskのcliから行っていたけど、本格にATコマンドで操作してみることにする。

ATコマンドは、ターミナルソフトというもので行う。今回はcuを使う。

対象のサーバーはubuntu。自分にしては珍しい。

cuのコマンドを打つと

プログラム ‘cu’ はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
apt install cu

なんて、優しく教えてくれるので、その通りにインストール。教えてくれないと、yum install cuとかやっているところだった。

cuを実際に使う前にも下準備が必要で、ここを参考にした。

ttyUSB0等のデバイスのパーミッションが
crw-rw— 1 root dialout 188, 0  2月 10 22:05 /dev/ttyUSB0
の様になっているので、
chmod 666 /dev/ttyUSB0
としないと、だめらしい。

cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0
でターミナルに入れる。

自分の入力したコマンドが表示されないので、とりあえずatzをする。
ローカルエコーするコマンドがあるはずだけど、覚えていない。
追記ateでした。

終了は~.

さて、まずは正常なSIMで行ってみた。自局番号を表示するコマンドを探しまくったけど。

AT+CNUM
+CNUM: “”,”070146****”,129
OK
な感じで自分の番号が表示される。

問題のSIMで行ってみる。
AT+CNUM
OK
と、なにも表示されずにOKが返される。

そこで、事前に調べていたコマンドを実行してみる。

AT+CPBS=”ON”
AT+CPBW=1,”+818047560000″,145

しかし、errorがでる。

http://radekp.github.io/qtmoko/api/modememulator-phonebook.html
を見て、もう少し理解をしてみる。

CPBSは、電話帳の編集を有効にする。SIM自身にも電話帳を保存できる機能がある。

CPBWで、電話帳に書き込みをする。=1で一番目のリストを編集。

“+818047560000″は電話番号。+81と国際番号が付いている点は意味ありげ。

145は「string type, phone number of format <type>; default 145 when dialling string includes “+”, otherwise 129」とある。たぶん145は+を付けた国際番号で。それ以外は129と言うことであるかな。
日本で使うので、普通に”08047560000″で載せたいなら、129を指定するのかな。

Asterisk13では、ファックスの受信は出来ないの?

Asterisk13では、ファックスの受信は出来ないの?
送信は使っているけど。

定番では、digiumで1チャンネル無料なので、それを購入して使おうと思い。ベンチして対応するモジュールをインストールしようとした。

Asteriskの各バージョンが提供されているけど、Asterisk13用だけ無い。
いやな感じはしてたけど、とりあえずAsterisk12用でどうにかなるかなと思い、ダウンロード。modulesのフォルダに配置して。

しかし(やっぱり)動かない。
ここまでやったのが一年くらい前だったので、Asterisk12用をダウンロードしたのをすっかり忘れていて、ここ最近再開し、またまた四苦八苦して設定する。
やっぱり動かない。さてどうするかという顛末記です。
続きを読む

agiでmonitorをするのが大変だった。

extensionsでmonitorをするには、

exten => s,1,Monitor(wav,${CALLFILENAME},m)

な感じで行えばいい。簡単。

難しかったのが、${CALLFILENAME}に保存ファイル名を指定するんだけど。
発信元番号や着信番号や日付を付けたファイル名にしたいなと。
日付は、${STRFTIME(${EPOCH},,%Y%m%d-%H%M%S )で良いけど。
難航したのは、発信元番号を入れたいなと言うとき。

${CALLERID(dnid)}

で、発信元番号が取得できるんだけど、なぜか番号にスペースが入る。
extenで、スペースは消すとか、そんな文字列処理書けんよ。
もうやだ。AGIで書いてやる。Perlならそんなの、なんなく出来るのに~。

こうして、またまたハマった。4日ほど。 続きを読む

g729のコーデックを無料で使えるけど、使ってはダメでした

g729a関連で、発信が出来ない件で引き続き調査。

ライセンスを、よしもう一つ買い、3つにしてしまおうと、思いdigiumのホームページに行くのに、スペルが分からなく、検索しているうちに、http://asterisk.hosting.lv/ にたどり着いた。
そこは、何かというと、Asteriskで使えるオープンソースのg729のコンパイル済みのコーデックを配布しているところでした。 続きを読む

g729aを使っているとこで、monitorを使うと、g729aのライセンスが複数必要なのかい

asteriskでmonitorを使い始めたら、iPhoneから発信が出来なくて・・・・。

いろいろと調べたら、g729aのラ イセンスを複数必要な状況のようだ。

http://lists.digium.com/pipermail/asterisk-users/2012-January/269416.htmlマトリックス?表って事かな。
なんだか、needsなライセンスは、3だとか、5とか、7とか。恐ろしい事言ってるぞ。

パススルーで使うと、ライセンスを消費しないとか?
http://www.voip-info.org/wiki/view/Asterisk+G.729+pass-thru

イマイチ、英語だから、飲み込めないでいる。

一応、ライセンスは2契約ある。うーむ。もう一個買ってダメなら、諦めるか。
さすがに、7個は買うのはつら~い。

Asterisk13のインストール

Asterisk13のインストール

インストールメモを残していなかったので、改めて書いてみる。

ダウンロードは、
http://www.asterisk.org/downloadsから行う。

ダウンロード先は、
http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/asterisk-13-current.tar.gz
となっているが、実際に展開すると
asterisk-13.7.0 など、最新のものがダウンロード出来る。 続きを読む

発信者情報の表示

番号通知は、普通の電話は出来ます。

当店ならば、「0196512986」という情報が、電話機に表示されます。
しかし、この電話番号だけでは、だれがかけてきたか分かりません。
通常は、携帯電話のアドレス帳に登録するのですが、初めてかかってきた電話番号の発信元は分からないものです。

今回の記事は、発信者氏名の情報を取得している話です。

続きを読む