g729のコーデックを無料で使えるけど、使ってはダメでした

g729a関連で、発信が出来ない件で引き続き調査。

ライセンスを、よしもう一つ買い、3つにしてしまおうと、思いdigiumのホームページに行くのに、スペルが分からなく、検索しているうちに、http://asterisk.hosting.lv/ にたどり着いた。
そこは、何かというと、Asteriskで使えるオープンソースのg729のコンパイル済みのコーデックを配布しているところでした。

オープンソースのg729の配布元は、http://opentelecoms.org/codecs-open-source-g729-g723.1-asterisk/ かな。

インストールの話

インストール方法は簡単で、http://asterisk.hosting.lv/ で適切なモジュールをダウンロードを行う。ただ、適切なモジュールというのを見つけるのが大変。Asterisk13用だけで、58種類あった。

/var/lib/asterisk/modules/ もしくは、/usr/lib/asterisk/modules/ に配置。
一般的には前者のパスが多いかな。

cliでモジュールを読み込む。
module unload codec_g729a.so (digiumのモジュールを無効にする)
module load codec_g729-ast130-gcc4-glibc2.2-x86_64-pentium4.so
を実行。
(上記では、pentium4になっているけど、環境による。)

本番にするなら、modules.confに書く。

音質は?

とりあえず、聞き比べたところでは、違いは分からない。

ネット回線の品質が左右される方が多い。

ライセンスの話

ソフトウェアライセンスではよく、「無料で使える」≠「無料で使って良い」と言う事がある。

今の時点では、「無料で使えている」

g729aの特許は複数の会社が所有しているので、ライセンス管理をSipro Lab Telecomが行っている。しかし、小売りをしているわけではないので、どこでライセンスを購入するのか不明。
Siproのホームページはもちろん、英語。しかし、さまよっていたら、突如日本語ドキュメントが現れた。
http://www.sipro.com/Documentation-G-729.html ここでは、Japanese 、Mandarin 、Koreanの3言語が提供されているから、わかりやすい。
料金表を見ると、ライセンス数が100Kより少ない場合は、1ライセンス$1.45。最低支払額は2年後に$7,500。初期費用が$15,000だから、1ライセンス$5位なのかな。
2年で5173ライセンスを売る
くらいの規模の会社としか取引をしないようだ。

ちなみに、Digiumでは、1ライセンス10ドル。

使用料の支払いについて

Siproでは支払いが出来そうもないから、別の方法を探す。

ITU-T G.729 が無償配布になってた http://d.hatena.ne.jp/ayokoyama/20080508/p1
おっ、と思ったけど。たぶん、ソースや仕様書みたいなのが、無償であるけど。
ライセンス料は別だろうな。

http://opentelecoms.org/codecs-open-source-g729-g723.1-asterisk/
オープンライセンスだけど、IntelへのIPPの使用料は別途必要なようだ。
製品に組み込む時に、一度だけ$US180がかかるようだ。
もちろん、これに、g729の使用料は含まれない。

http://www.voip-info.org/wiki/view/Asterisk+G.729+Licensing
ここが最終的な答えになりそう。
灯台もと暗し。英単語で検索したら、すぐに見つかった。
codecs-open-source-g729-g723.1-asterisk についても書いている。

結論

codecs-open-source-g729-g723.1-asteriskは
・siproへライセンス料が支払われない(5000ライセンス単位で考えないとダメ)
・IntelのIPPにリンクしてコンパイル済みのモジュールを配布している($US180の支払い)
・GPL違反(これはどうにもならない)

と言う事なので、動作検証や研究用途以外は使えない。
メーリングリストの方でも、digiumのライセンスを買うと、間接的にAsteriskへの開発への貢献にもなる(意訳)との事。

もともと、今回は、moniterを使うと、g729のライセンスが3つ消費するという点から始まった調査だったが、だいぶ調べる方向が変わってしまった。

digiumで買っても良いけど、サーバー移行があったとき、ライセンス移行が出来るかはっきり分からないのが、不安。
3度出来るとか、電話をかける必要があるとか??これも、後日調べないといけない。

参考になった方、誤りを見つけた等、コメントを残してくれるとうれしいです。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です