国際電話をかけさせない

ここ、何年か、国際電話への不正発信の被害が出てきています。
昔は、インターネットのダイアルアップソフト発信先の差し替えの手法でしたが、近年はIP電話を使用した方法です。

国際電話不正接続(トラブル)についてのご注意 ソフトバンクテレコム
一般社団法人テレコムサービス協会(PDF)
IPpro
社団法人日本インターネットプロバイダー協会

犯罪者としては、国際電話で通話をしたいから不正発信をしたい訳ではありません。
小国と電話会社が共謀して、電話にかけさせ、利益を得ているという、噂があります。
つまり、どのような手段をとったとしても、電話をかけさせればいいわけです。

電話会社からキックバックを受けて行う企業サービスが日本でもあります。
http://www.alpha-net.ne.jp/muryou/
無料のインターネット接続サービスです。
ダイアルアップサービスなので、いまではあまり使いませんが、契約不要で、使った分の通信料が電話会社から請求が来ます。おそらくこの電話料金の一部が運営会社に渡っていると思われます。
このように、電話会社から利益を得る方法があるのです。
ちなみに、このサービスは、良いサービスです。お金の流れの例として紹介しましたが、契約不要で低価格で利用できる非常に優れたサービスです。

トラブルの多くは、IP系のビジネスホンなどですが、一般家庭でも、万が一に備えて、国際電話への発信を規制した方がいいです。

一般家庭のひかり電話もIP電話で、SIP接続ができます。これを悪用するフローもありますので、これはまた別の機会に記事にしたいと思います。

国際電話への発信を規制する方法は、電話会社で提供されていることが多いので、それをまとめてみました。

続きを読む

fusion smartの無料通話可能な050番号

せっかく、fusion宛ては無料なのだから、ダイアルプランを書いてみました。
今まで、普通にウィルコムから発信するようになってました。

http://ip-phone-smart.jp/smart/free050/
をみて、Asteriskのextensionに、パターンマッチを書いておけば、050の中でも特に無料通話先だけIP電話で発信して、それ以外はウィルコムの回線で発信するように、組み込むことが可能。

ウィルコムは、10分無料なので、全部これに流しても良いのですが、多少IP電話の方が音質良いので。
あと、10分の時間制限を気にしなくて良いし。
接続まで早いし。

お?
やらなきゃ損って感じですね。

続きを読む

格安のソフトバンク携帯サービス

先日、ソフトバンク携帯の取り扱いするための、資格試験を受けてきました。
2年間ソフトバンクの携帯を使っていたので、試験は簡単でしたが、引っかけ問題っぽいのがあり、100点にはなりませんでした。残念。

で、今回取得した、ソフトバンクの販売の件ですが、ショップで扱っていない、料金プランを提供できるとのこと。
で、その内容は・・・。
実は書けないのです。
ソフトバンクの既存店との競合をしていけないというルールがあるため、ネットでの告知はもとより、カタログ、チラシの配布も厳禁。
提案は、ほぼ、口頭。・・・オイオイ、売るの難しいよ・・・。

売るのが難しいとなると、方向としては、お得意さんで、携帯通話料をたくさん使う、ヘビーユーザーさんへのサービスとして、提供する感じとなります。

まぁ、なにより、まずは私が使いたいサービスなのです。
どのくらい安いかと言うと、
MNPができない。つまり新規のみ。でもその欠点はあっても、2台持ってても、安い。
今まで、
1.パケ放題を使っていて、携帯からの通話料は高いなぁと思っていた金額
今後
2.今までの携帯は、980円のプランにしておく。
3.新規携帯はパケ放題+いっぱい電話をかけても大丈夫。

1>2+3 的な金額です。

2の携帯は980円だけど、DoCoMoかAUになるんで、ソフトバンクの電波が弱いという欠点を補える。しかも通話料が1000円程度含まれる。
3の新規のソフトバンク携帯は、ヘビーな使い方をしても安い。

で、この詳しく書けないソフトバンク携帯のサービス。
この私がネット検索で探しまくっても、見つからない。本当にそんなサービスあるのか、いまだに疑り深いほど、秘密にしているサービスなのです。

早く誰かに話したくて、わくわくしています。
(電話やEmailでは問い合わせしないでください。なにか仕事で会った時に呼び止めてください。)

fig_top_main_iphone_reserve.jpg

(写真はイメージです。)

電話転送の通話料金を安くする方法

事務所を不在する事がおおいので、下記のような構成にしました。

kotei_mobile

事務所にかかってくる電話は、お客様負担です。
通常不在時に携帯に転送された場合の通話料は事務所負担になります。

そこで、ソフトバンクモバイルの携帯を事務所に置き、
自分の携帯に転送させることにしました。
すると、何回、何時間、通話しても、転送料は無料です。

普通の方は、最も簡単な方法として、NTT東のボイスワープでしょう。

ボイスワープ月額 840円 事務用、税込
通話料 8750円 70円/3分
1日5件
月25日
合計
9390円

一日の電話件数を少なめに見積もったのですが、意外に携帯への転送は通話料が高いです。

で、話は戻って、SBモバイルを使用した場合

内容 単価 数量 金額
携帯電話接続用アダプタ
70,000
1
70,000
契約事務手数料
2,835
1
2,835
ホワイトプラン
980
24
23,520
携帯電話機器代金
23,520
1
23,520
特別割引合計
-23,520
1
-23,520
キャンペーンによりSBから金券
-5,000
1
-5,000
契約時に購入した電話を転売
-16,000
1
-16,000
動作確認済み携帯の購入
3,000
1
3,000
導入費合計
78,355円
月換算の費用
3,265円

2年間の使用ということで、それを月換算で出してみました。
経費は3分の一になります。
3000円ちょっとで、事務所転送が無料になる。

しかも、転送されている時間を気にせずに話が出来ます。
(意外に昔は通話時間が長引くと気になるものでした)

しかし、欠点があります。
通話品質です。
ボイスワープの場合は、固定と無線の通話です。
今回の方法は、無線と無線の通話になります。
さらにお客さんが携帯でかけてくると、無線-固定-無線-無線という風に、複数の機器が絡むので、必然と通話品質が悪いことになります。

さらに・・・。
転送が繋がるまで、タイムラグがあります。
途中で切ってしまう方もいます。

一番良いのは、誰か事務員さんがいるのが良いんですがね・・・。

おとくライン chokkaプラン

むかーし、むかーし。
平成電電という、電話会社があったとさ。
そこでは、chokkaという直加入電話という、当時は画期的で、格安な電話サービスがあったという。

固定電話宛 6.8円/3分
携帯宛 事前登録(月100円)した番号へは、10円/分

なんと、まぁ、今考えても、どこよりも、お安い。

しかーし。潰れました。
世の中のみんなは、怪しげな会社だから、契約しなかったのです。だからその会社は儲けることが出来ないため、とうとう潰れました。

潰れそうだと分かっていても、私は利用し続けました。
どうしてかというと、国から許可を もらって営業している電話会社だから、倒産しても電話が突然使えなくなることは無いだろうと思っていたからです。
そして、倒産しました。
そして、ソフトバンクテレコムが引き継いでくれました。

平成電電のchokkaは、今ではソフトバンクテレコムの「おとくラインBプラン+CHOKKAプラン」という名前になりました。

料金は下記のようになり、今でも利用し続けているのでした。

固定電話宛 3分6.8円(全国一律)
おとくライン宛 3分4.5円(全国一律)
携帯電話宛 1分16.5円
(各税込)

ちなみに他社のを比較してみます。

NTT東西ひかり電話 加入電話・INSネット・ひかり電話等への通話
全国一律 税込8.4円/3分

「安心プラン」「もっと安心プラン」に含まれる通話分超過後
全国一律 税込7.56円/3分

NTT東西ひかり電話 DoCoMo系宛 税込16.8円/60秒
au系SB系宛 税込18.375円/60秒
イーモバイル宛 税込19.425円/60秒
KDDIメタルプラス 市内/3分 県内市外 (20km超~60km以下)/3分 税込8.4円
県外 (100km超~)/3分 税込15.75円
国際電話 (アメリカ本土)/1分  9円 (免税)

auあて/1分 税込16.275円
NTTドコモあて 税込16.8円
ソフトバンクモバイルあて税込16.8円
イー・モバイルあて税込16.8円
PHS 10円 (税込10.5円)/1分、 別途10円 (税込10.5円)/1通話

おとくライン一律プラン 固定3分全国一律 8.295円
ソフトバンクモバイル 1分16.275円
上記以外の携帯電話事業者1分 16.8 円
おとくラインシンプルプラン 固定3分全国一律8.2845円
携帯1分全国一律 26.25 円
PHS1分 10.5/1回+10.5~44円/1分

 

と言う事で、おとくラインchokkaプランの固定宛は最安値。携帯宛もおとくライン一律プランのSB宛は負けるものの、安い部類と言って良いでしょう。

補足・・・ひかり電話のもっと安心プランが最安値でした。
600通話(3分1通話)する場合
・ ひかり電話は基本料を含め税込4,095円(Bフレッツ料金を含まない)
・おとくラインchokkaプランは、基本料金を含まずに税込4080円

2007/12/4 開設
2008年6月16日 手入れ

固定電話発 携帯電話着 通話サービス

固定電話から携帯電話へかけた場合の通話料は、携帯電話会社が決めていました。
平成電電株式会社が総務省に対し裁定申請をし、ごにょごにょして、
まぁ、よくわからんが、固定電話からの携帯電話への通話が安くなりました。

2005/4/14 このページずっと前に作ってたのですが、公開してなかったです。すでに情報が古かったらごめんなさい。

サービスが開始されたばかりなので、各社、料金変更になったり。

平成電電が30秒10円だったが、1分課金となった。それでも最安値を誇っている。(さらに安さならばいろいろ問題はあるが同社のChokka。これについても後日まとめたいと思う。)
(さらに、平成電電は、フリーダイヤルサービスもやるとの噂。期待しています。)(付記 2005/4/14すでに開始されてる。)

フュージョンも、1分19円→18円となった。

10円課金

その他で注目すべきなのは、日本テレコムの10円課金である。他社は1分ごとの課金である。30秒以内の通話は断然安いが、長時間になると高い。微妙なところである。

 

更新:2004/4/28

参考:「料金設定の在り方に関する研究会」報告書の公表

申込 認識番号 提供会社   NTTドコモ au ボーダフォン・
ツーカー
PHS 備考
  NTT加入電話   23.3円 30円 40円 10円+10円  
  0036 NTT東日本   17.5円 19円 21円  
  0039 NTT西日本   18円 19円 21円  
  0038 フュージョン   18円 18円 18円 2004/4/19~
  0088 日本テレコム 標準料金 18円 18円 18円  
  選択料金
(10円課金)
10円(29秒~30秒)  
  0077 KDDI 標準料金 18円 18円 21円  
  AU割 17.1円  
  0086 九州電話   18円 18円 18円  
  0033 NTT COM   18円 18円 18円  
必要 0081 パワードコム   18円 18円 18円  
必要 0060 メディア   18.9円 18.9円 18.9円  
必要 0084-7 平成電電.COM   17円 17円 17円
必要 平成電電
加入電話

(chokka)
  16.5円 16.5円 16.5円  
モバイル電電への登録 10円 10円 10円 10円 平成電電.COMへの登録
月額100円

上記は消費税別です。特に記述がなければ、1分あたりの金額です。
NTT加入電話発信の通話料金は概算です。(実際は10円課金のため)
(付記 2004年4月14日 現時点では当てににならんかも。)

着信課金サービスについて

以前、フリーダイヤルと呼ばれていた、0120の着信課金サービスは、「着信課金サービス番号ポータビリティ」という制度により、加盟各社を選択して利用できるようになりました。
今使っている番号を変えずに、電話会社だけを変えることが可能になりました。

各社の着信課金のサービス名は電話会社ごとに違い、唯一「フリーダイヤル」名称は、NTTコミュニケーションズだけで、他社のサービスではフリーダイヤルマークも使えません。

当社で導入検討時に情報収集しましたので、必要な方は参考にして下さい。

○着信課金サービスの番号ポータビリティー参加事業者(平成15年4月現在)
株式会社パワードコム
東日本電信電話株式会社
西日本電信電話株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社
日本テレコム株式会社
KDDI株式会社
平成電電株式会社
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
株式会社メディア

注意(追記:05/05/14)
現在では、平成電電などの直加入タイプの電話タイプもあり、各社料金体系も変わってきているようです。
小規模事業で、通話料金がそれほどかからない(月5000円程度かな)は、日本テレコムの無料から行えるタイプが安いのかと思います。
情報がとりあえず古くはなってきていますが、自分自身のサービス見直しは、まだ先なので、このページは引き続き古いままとなります。ごめんなさい。
私の商売がもう少し繁盛して、通話料金の負担が大きくなってきたら、加入サービスを見直しますので、その時に更新します。

ちなみに、今のところ、通話料金が安いのは、平成電電の着信課金サービスかと思います。平成電電は当方が代理店をしているので、相談に乗ることが出来るかと思います。
興味がある方には資料をお送りしますので、お問い合わせ下さい。

■NTT東日本(フリーアクセス)
116
http://www.ntt-east.co.jp/IN/free/index.html
初期費用 2000円
月額300円
0800-800-0000 ~ 0800-800-9999(11桁)
0120-910-000 ~ 0120-910-999(10桁)
0120-940-000 ~ 0120-940-999(10桁)
0120-970-000 ~ 0120-970-999(10桁)

 

■日本テレコム(フリーコールスーパー)
0088-22-2156
http://www.japan-telecom.co.jp/business/voice/freecall/free_main_01.html
初期費用 無料
月額基本料 無料
市内 8.5円
0120-981、982、989、919、999-***
0088-21、22、24、25-****
0800-100、111、222、888、919-****

 

■日本テレコム(フリーコールスーパーGOLDプラン)

0088-22-2156

http://www.japan-telecom.co.jp/business/voice/gold/gold_main_01.html
初期費用 無料
月額基本料 2000円
全国一律1分7円
携帯 3分99円~108円

0120-981、982、989、919、999-***
0088-21、22、24、25-****
0800-100、111、222、888、919-****

 

■KDDI(フリーコールS) http://www.kddi.com/business/service/denwa/free_call_s/index.html
月額基本料1,000円で気軽にご利用いただける通話料金着信者払いサービス「フリーコールS」が、ご商売の活性化に貢献します。

登録料 1,000円
月額使用料 1,000円
(マイライン割引で900円)

10桁
0120‐
911,922,933,977,988
11桁
0800-
123,300,500,700

 

■KDDI(フリーコールDX) http://www.kddi.com/business/service/denwa/free_call_dx/index.html

登録料 1,000円
8桁 50,000円
0077- 70□□ 71□□
9桁 8,000円
0077-75□□□
10桁 2,000円
0120‐911□□□
0120‐922□□□
0120‐933□□□
0120‐977□□□
0077‐78□□□□
11桁 1,500円
0800‐123□□□□
0800‐300□□□□
0800‐500□□□□
0800‐700□□□□

■NTTコミュニケーションズ(フリーダイヤル) http://www.ntt.com/freedial/
初期 1,000円
月額 1,000円
0120+6ケタ
■パワードコム・東京電話(フリーコネクト) http://pwd.tokyo-denwa.net/biz/bd/denwa/service/free.html
初回 1,000
月額 900円
■フュージョン・コミュニケーションズ(フリーボイス)

http://www.0038.net/serv_busi/freevoice.html
0037

初回500円
月額2000円

市内2分7円
市外1分7円
携帯1分20円

■メディア(フリーナンバー)
http://www.mediakk.com/04-00505/0-main.htm
0120 0800 00505

「0120」の場合
0120-955-□□□
0120-966-□□□(全10桁)

「0800」の場合
0800-900-□□□□
0800-400-□□□□(全11桁)

「00505」の場合(Mラインサービスご利用の方のみ)
00505-□□□~□□□□□□(全8桁~11桁)

初回 1000円
月額 2000円

2002/6/2 開設
2003/6/23 手入れ