AsteriskからVoLTEで発信する夢

前回は、VoLTEを使用するには、データ契約が必要だから、費用対効果として無駄だと言うことで終えた。

しかし、調べていたら、みまもりケータイ4がVoLTE対応であり、月額が500円ほどで済む。しかも10分かけ放題。

ただ、この契約のSIMは、IMEIをチェックしているようなので、端末に制限がある。
まぁ世の中には、IMEIを偽装書き換えできる端末もあるので・・・。

g729のコーデックは無料で使えるし、権利もOKでした

以前、『g729のコーデックを無料で使えるけど、使ってはダメでした』と言う記事を書いていましたが、知らないうちにg729の権利が期限切れになっていました。

2017年1月1日現在、G.729コンソーシアムに基づくほとんどのライセンス特許の特許期間が終了しました。

G.729コンソーシアム特許ライセンス契約の期限切れでないライセンス著作権および許諾された特許に関して、G.729コンソーシアムのライセンス供与者、すなわちOrange SA、Nippon Telegraph and Telephone CorporationおよびSherbrooke Universite de Sherbrooke(以下「ライセンサー」)は、 2017年1月1日よりロイヤリティフリーの基準で既存の条件で同じライセンスを取得します。

現在のG.729コンソーシアム特許ライセンス契約のライセンシーは、2017年1月1日現在で販売またはその他の方法で配布されたライセンス製品の報告および支払いは行われません。

翻訳 http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.mgraves.org%2F2017%2F03%2Fits-official-the-patents-on-g-729-have-expired%2F

元のサイト https://www.mgraves.org/2017/03/its-official-the-patents-on-g-729-have-expired/

そして、以前書いた記事では、有料としていた、オープンソースのg729が使用している、IntelのIPPも無料で使用できるようです。

残りは、GPL違反だと言う点、

GPLは流通ライセンスであり、使用ライセンスではありません。 別の人からAsteriskをダウンロードして使用している場合、Asteriskをダウンロードした人はGPLを遵守しなければなりません。 GPLソフトウェアと静的なG.729バイナリ(非GPL互換ライセンス)を組み合わせた場合、あなたはその組み合わせを配布しない限り、GPLを侵害しません。 しかし、あなたはそれを自分で使うことができます。 アスタリスクは、単独で、または上記のG.729の実装と組み合わせて、ダウンロードして使用する必要はありません。 したがって、アスタリスクのコピーを他の人に渡す予定がない場合は、上記のGPL違反に関する声明はあなたには適用されません。

翻訳 http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.voip-info.org%2Fwiki%2Fview%2FAsterisk%2BG.729%2BLicensing

元のサイト https://www.voip-info.org/wiki/view/Asterisk+G.729+Licensing

使用する事に対するライセンスでは無く、再配布するためのライセンスだから。普通に使う分には問題ないと言うことでしょうか。

と言うことで、以前問題にしていた3点が解決していて、G729aはいくつでも利用できると思って良いかもしれない。Google翻訳を多用しているので、信用できない。

g729aを使っているとこで、monitorを使うと、g729aのライセンスが複数必要なのかい』に書いたが、結構な数のライセンスが必要になる。この辺が解決する。

hylafaxでファックスヘッダーの日付を変える

標準だと、

Tue 26 Sep 2017 05:26:18 PM JST

とかになっているから、もうちょい、日本風に。

設定箇所は、config.ttyIAXのTagLineFormatの部分。

TagLineFormat: “From %%l|%c|Page %%P of %%T”
このようになっている。
この%cの部分が日時表示である。意味は、「現在のロケールにおいて一般的な日付・時刻の表記。 」

そして、記述の書式は、strftimeというものらしく、下記を参考にした。

https://linuxjm.osdn.jp/html/LDP_man-pages/man3/strftime.3.html

%Y-%m-%d %T
に置き換えた。

2017-09-26 05:26:18
というような記載になる。

hylafaxのユーザー追加

ユーザーの追加が分からなくて、悩んだ。
もしかすると、コマンドの指定がバージョンの違いがあるかもしれない。

http://n73.jugem.jp/?eid=10
http://blog.goo.ne.jp/jnana_tomo/e/123f1557e1d3303d15e358f7ed92d3fb
ここら辺は、
faxadduser -u (username) (password)
と記載されているが、これではうまくいかない。

下記が合っている
https://linux.die.net/man/8/faxadduser
http://www.ckenko25.jp/wordpress/2017/02/post-4571

ファックスユーザー兼アドミンを登録
faxadduser -a アドミンパスワード -p ユーザパスワード ckenko25

ただのユーザ登録
faxadduser -p ユーザパスワード ユーザーネーム

ユーザー削除
faxdeluser ユーザネーム

ユーザ一覧表示
cat /var/spool/hylafax/etc/hosts.hfaxd

必要なところを引用しておく。

USBハブの電源をコマンドから管理する

大分前から探し回っていたけど、ほぼズバリの内容がありました。
http://atotto.hatenadiary.jp/entry/linux-sugoi-usb-hub-power-ctrl

助かります。

ラズパイで行っている方ですが、Ubuntu16でも問題なく実施された。

当方、怪しげな10ポートのUSBハブを使っているのですが、とりあえず反応はしている。

音声ファイルの加工

しばらく放置していた、音声ファイルの加工をしている。
以前途中まで進めていたが、声優さんから中音と高音のファイルをもらっていたのですが、なぜか高音で収録したファイルを加工していた。あとで聞き比べたら、中音の方がビジネス用に向いていた。
何の音声化は、完成したら公開するので、とりあえず、本日のメモを進める。 続きを読む

agiでmonitorをするのが大変だった。

extensionsでmonitorをするには、

exten => s,1,Monitor(wav,${CALLFILENAME},m)

な感じで行えばいい。簡単。

難しかったのが、${CALLFILENAME}に保存ファイル名を指定するんだけど。
発信元番号や着信番号や日付を付けたファイル名にしたいなと。
日付は、${STRFTIME(${EPOCH},,%Y%m%d-%H%M%S )で良いけど。
難航したのは、発信元番号を入れたいなと言うとき。

${CALLERID(dnid)}

で、発信元番号が取得できるんだけど、なぜか番号にスペースが入る。
extenで、スペースは消すとか、そんな文字列処理書けんよ。
もうやだ。AGIで書いてやる。Perlならそんなの、なんなく出来るのに~。

こうして、またまたハマった。4日ほど。

続く 続きを読む

g729のコーデックを無料で使えるけど、使ってはダメでした

g729a関連で、発信が出来ない件で引き続き調査。

ライセンスを、よしもう一つ買い、3つにしてしまおうと、思いdigiumのホームページに行くのに、スペルが分からなく、検索しているうちに、http://asterisk.hosting.lv/ にたどり着いた。
そこは、何かというと、Asteriskで使えるオープンソースのg729のコンパイル済みのコーデックを配布しているところでした。 続きを読む